「監査担当初心者から中堅、主査主任、課長、所長代理までの必須スキルと求めるレベルが作業ごとに分かりやすく文書化」 会計事務所 監査部門 等級別・役職者別 職能評価シート 

 テンプレート名

「監査担当初心者から中堅、主査主任、課長、所長代理までの必須スキルと求めるレベルが作業ごとに分かりやすく文書化」
会計事務所 監査部門 等級別・役職者別 職能評価シート 

 形式.サイズ.ページ数 Excel A3 2ページ(監査部門 1等級新人~3年経験)
Excel A3 3ページ(監査部門 2等級 中堅)
Excel A3 3ページ(監査部門 3等級 ベテラン)
Excel A3 3ページ(監査部門 4等級 主査、主任クラス)
Excel A3 3ページ(監査部門 5等級 課長、所長代理クラス)
Excel A3 6ページ(監査部門 等級別職務基準・職能要件一覧)
Excel A3 1ページ(会計事務所 職能資格基準フレーム)
テンプレートの概要 これまで多くの会計事務所コンサルティングから、監査担当者の経験別の必要スキルを作成。TKC会計事務所のコンサルティング部門である(有)経創の協力を得て、事務所の経営方針とリンクした職能要件書にした。
掲載している職能の大目次は
① 初期経理指導業務(顧問契約3か月以内)
② 月次監査業務(法人・個人共通)
③ 決算申告書作成業務
④ 決算監査
⑤ 決算報告会運営
⑥ 確定申告業務
⑦ 相続税申告業務
⑧ 株式評価業務
⑨ 年末調整業務
⑩ リスクマネジメントと保険提案業務
⑪ 経営計画書作成業務
⑫ セミナー集客と運営
⑬ 新規顧問先開拓業務
⑭ オプションメニューの提案
⑮ 銀行・紹介代理店への定期訪問
⑯ 財務ソフト指導
⑰ 委員会・プロジェクト担当
⑱ 課・係・チーム・部門の管理、部下育成、チェック業務
⑲ 事務所業務、部下育成の為のマニュアル化・ビジュアルツール作成業務
⑳ 部下の評価・人事考課とフォロー業務
21 事務所経営計画と作成業務

更に詳細「必要スキル・作業能力」が94項目掲載。それぞれに等級によって、違う能力や貢献が求められる表現で書かれている。
 このテンプレートを使うメリット ●これから会計事務所職員の人事考課や能力開発の具体的なサンプルが欲しい人には直球のデータである
●職能要件書の内容が、そのまま事務所の経営方針にリンクしているので、事務所の経営計画づくりの資料になる。
●エクセルデータで作成され、事務所の実情に応じて加工修正が容易に出来る。
●職員の研修計画を立てるとき、具体的な参考例になる
●経験の違い、給与の違いが、スキルとして明確になるので、「仕事ができない・生産性の低い中高年の高給職員」「仕事ができて生産性の高い若手の給与が低い職員」などのアンバランスを是正する根拠になる。
 このテンプレートの効果的な使い方 見せ方 A3でプリントして見せる(所長や事務所の管理職に見せる)
受注する前の準備 ●職員の必要能力・必要技能を整理した「評価用のツール」はあるか確認
●職員の給与体系、評価制度への関心があるか確認
●等級制度があるか確認
契約時・クロージングのトーク ●監査担当が従来通りの仕事をしていては、生産性向上はできない
●効率の良い仕事と高い給与を得てもらうには、「仕事基準」が明確でないと、評価もできないし、目標設定もできない
●このテンプレートをベースに、オリジナルの職能評価シートを作り、職員の自己申告や目標管理に活かそう
企画書・提案書 ●会計事務所をクライアントとするコンサルタントなら企画書が必要
●企画書は「目的と狙う成果」「実施要項」「実施スケジュール」「料金」を記載(文案はこの解説分を参考に作成する)
およその受注金額 ●2回の研修や会議で10~20万円
コンサルティングのおよそ所要時間 ●2回の研修や会議でおよそ8~12時間
現場コンサルティング・ヒアリング・作業の流れ ① 等級制度があれば、それに沿った各等級の定義に沿って進める
② テンプレートをプロジェクター投影しながら、まずこのテンプレートの「等級別職務基準一覧」の大目次(単位業務)以外に何があるか確認。あれがその場で追記
③ 次に「作業内容」を見ながら、加筆削除、文言修正を行う
④ 次に上から「作業内容」で、まず2等級(普通のだいたいできるレベル)の表現を型決めする
⑤ その後、3等級(よりベテランらしい仕事)、4等級(主査主任クラスのリーダー業務)、5・6等級(課長所長代理クラスの管理業務、創造的な業務)を記載(作業内容次第では、該当しない等級には斜線を引く)
⑥ 途中まで進んで時間が来たら、次回までに「この要領で未検討部分を幹部で議論して書いておいてください」といって宿題にする
⑦ 2回目検討会で、宿題部分の確認をして、議論しながら表現の追加修正を繰り返す
⑧ 「等級別職務基準一覧」ができたら、テンプレートのように「等級別の職能評価シート」に振り分けて作成するよう指示(または宿題にする)
仕上げ・結果確認 ●監査部門の等級別職能評価シートまでできたら、次の機会に「職員の名前」を入れて、採点をしてもらう(事務所内で)
●その結果、等級とスキルが合致しているか所長や管理職に把握してもらう
NEXT提案と関連性のあるコンサルティングとテンプレ ●等級別職能評価シートができたら、年に1回は評価してもらい、取得率がどう変化しているかを見て、昇給や昇格に反映。
●スキルの職能評価だけでなく、姿勢ややる気、努力などの「人間性」に関する評価をしたい場合は、「4 会計事務所 職員・主査・所長代理 詳細な基準付き人事考課表」を参照
 テンプレート掲載日  2018年3月24日 
 テンプレート価格  一般10,000円(税別) 
 テンプレート作成者・著作者  ㈱アールイー経営 嶋田利広
(有)経創 日高大作 
 注意事項

●価格や所要時間は、クライアント、見込み先の状況によって異なります
●目的や課題、企業の特性によっては、上記の段取り通りならない可能性もあります。
●第三者への譲渡、転売、ネットへの公開は法律で禁止されています。
●商品に関するお問い合わせはメールのみ受け付けております。
●Excel、Word、PowerPointはオフィス2010以降の製品でご使用ください。
●このノウハウテンプレートは当社での経験の結果であり、購入者が活用する際、内容、成果について、当社は一切の責任を負いません。
●このテンプレートに関する電話でのお問い合わせは受け付けていません。

re-dl-14-01-01_w250.jpgre-dl-14-01-02_w250.jpgre-dl-14-01-03_w250.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 


商品をご購入される方へ

「今すぐ購入」を選択されて、購入ウィンドウを一度閉じられた方で、購入手続きをされる場合は、下記「カートの確認と購入」ボタンを選択すると購入画面が表示されます。

商品構成を確認・変更・削除したい場合は、一度「今すぐ購入」ボタンを押し直すと新しいウィンドウが開きますので、そこで操作できます。

 

購入手続きへ進む