「取締役以上の見えにくい仕事を明文化する画期的なツール」 事業承継時、取締役の職務権限、職務責任見直し一覧表 事例

 テンプレート名

「取締役以上の見えにくい仕事を明文化する画期的なツール」
事業承継時、取締役の職務権限、職務責任見直し一覧表 事例

 形式.サイズ.ページ数 Excel A3 1枚
 テンプレートの概要 事業承継後、経営者から「会長以下、自分も含めて、取締役の仕事が明確ではない。社員には評価基準もあるが、取締役にもしっかりした責任範囲を決めて、やってもらいたい」というニーズから作成した。
取締役は「同族やサラリーマンのあがりのポストではなく、任期2年間の責任」を果たさないと本来なら再選されないほど厳格なもの。
そういう「企業化」を目指す経営者や、役員の仕事に不満を持っているオーナー社長が求めるツールである。
 このテンプレートを使うメリット ●各取締役の業務責任を改めて整理することで、各取締役の意識が変わってくる
●「見えにくい」取締役の仕事を「見える化」することで、役員報酬の決定時の参考になる
 このテンプレートの効果的な使い方 見せ方 A3でプリントして見せる
受注する前の準備 ●複数の取締役がいる企業には、全部提案する
●オーナー経営者は少なからず、取締役に不満を持っている
契約時・クロージングのトーク ●取締役には仕事基準、取締役の業務責任を決めたものがなければ、部長以下の仕事の管理調整などで、年俸に相応しい仕事をしているのか分からない
●取締役も、自ら直接介入して結果を出す仕事が見えにくくなっていないか
企画書・提案書 ●企画書として提出する
●企画書には「取締役の職務整理研修企画書」として、「目的とねらうべき効果」「実施要項」「実施スケジュール」「料金」を記載
およその受注金額 ●取締役の数で異なるが、30~100万円
コンサルティングのおよそ所要時間 ●2~3か月のプロジェクトで実施
●面談、研修、打合せ時間は総じて、10~20時間前後
現場コンサルティング・ヒアリング・作業の流れ ①このsampleを経営者に提示して説明
②先ず全役員に「職務整理事例」を説明し、基本業務部分を箇条書きに出してもらう(宿題で可)
③提出されたら、経営者からヒアリングし、各役員の基本業務が妥当か確認し、経営者の要望を追加
④次に、役員別面談を実施し、「経営者の要望する基本業務」に対して、追加や修正があれば、ヒアリングしながら入力
⑤全役員のヒアリングが終了したら、「役員研修」を開催
⑥そこで「各役員の基本業務」を各自が発表し、質疑応答を行う
⑦その後、下の「具体的な重点事項」を研修中に作成
研修後、正式な書式を経営者に提出
仕上げ・結果確認 ●提出された「職務権限 職務責任」を元に、アクションプランの作成を指示する
●そのアクションプランの進捗状況を経営会議で報告を行う
NEXT提案と関連性のあるコンサルティングとテンプレ ●取締役の職務は見えないので、経営者も、取締役の職務成果は結果しか分からない。そこで、「取締役とマンツーマンのコーチング」を提案し、定期的に3か月に1度位のコーチング面談を実施。その結果を経営者に報告するコンサルティングを行う
 テンプレート掲載日  2018年3月24日 
 テンプレート価格  一般7,000円(税別) 
 テンプレート作成者・著作者  ㈱アールイー経営 嶋田利広 
 注意事項

●価格や所要時間は、クライアント、見込み先の状況によって異なります
●目的や課題、企業の特性によっては、上記の段取り通りならない可能性もあります。
●第三者への譲渡、転売、ネットへの公開は法律で禁止されています。
●商品に関するお問い合わせはメールのみ受け付けております。
●Excel、Word、PowerPointはオフィス2010以降の製品でご使用ください。
●このノウハウテンプレートは当社での経験の結果であり、購入者が活用する際、内容、成果について、当社は一切の責任を負いません。
●このテンプレートに関する電話でのお問い合わせは受け付けていません。

re-dl-06-01.jpg

 

 

 


商品をご購入される方へ

「今すぐ購入」を選択されて、購入ウィンドウを一度閉じられた方で、購入手続きをされる場合は、下記「カートの確認と購入」ボタンを選択すると購入画面が表示されます。

商品構成を確認・変更・削除したい場合は、一度「今すぐ購入」ボタンを押し直すと新しいウィンドウが開きますので、そこで操作できます。

 

購入手続きへ進む