「コンサルが会議診断をする際に、最初に行う現状認識ポイント」 会議・ミーティング運営21のチェックリスト

 テンプレート名

「コンサルが会議診断をする際に、最初に行う現状認識ポイント」
会議・ミーティング運営21のチェックリスト

 形式.サイズ.ページ数 Excel A3 3ページ
 テンプレートの概要 ズバリ「会議診断」の為のチェックリストである。
「会議改革」が叫ばれる中、必要な手続きもルールもない中小企業の会議ではどんな流れが必須かをチェックリスト化。
会議削減は、このチェックリストにある事ができている事業所が始めるから効果がある。
経営会議や幹部会にコンサルタントや会計事務所職員が、参加して「会議改革」を行う際の最初の「会議診断ツール」である。
 このテンプレートを使うメリット ●クライアントの会議に参加し、何をどのように「会議指導」するかが分かる。
●クライアント自身に「自己分析」してもらい、それを受けて、コンサルティングに入るケースもある
●会議診断ができれば、当面「会議に入り、意思決定に参画する」事で、経営顧問になりやすい
●但し、会議の進め方だけ指導しても、経営顧問にはなりにくい(意思決定支援や司会書記までできるかどうかがポイント)
 このテンプレートの効果的な使い方 見せ方 このチェックリストをPCからプロジェクター投影するまたは、A4プリントして見せる
受注する前の準備 ●現在の会議の課題、悩みを経営者から聴きだす
契約時・クロージングのトーク ●会議で具体的な決定事項が出ないから、行動しないし、決まった事もチェックしない。だから幹部が動かない。幹部を動かす為にも、正しい会議の仕方が必要
●幹部が意見を言わないのは、決定権者である経営者が司会をし、自ら決定するからだ
企画書・提案書 ●会議診断の企画書を提出する
●企画書には「会議診断の目的と狙うべき成果」「実施要項」「実施スケジュール」「料金」
およその受注金額 ●会議診断は、何種類かの会議にオブザーバーとして参加(できれば複数回)
●診断後の経営顧問に重きを置くので、無料又は10万円以内で提案する
●その後の経営顧問は5~30万円/月
コンサルティングのおよそ所要時間 ●実際の会議に掛かった時間・・1~2か月
●会議診断書の作成時間・・3時間程度
現場コンサルティング・ヒアリング・作業の流れ ①各種会議にオブザーバー参加(同じ会議に2回以上参加し、傾向値を把握)
②会議時に「会議チェックリスト」に沿って、固有の課題を記述
③会議後、決定事項の中身、保留した事、却下した事、その後処理などをヒアリング(各幹部から)
④会議診断報告書の作成(会議チェックリスト結果から、各会議の課題とあるべき方向性を指摘)
⑤翌月から会議指導として、各種会議に参加し、その会議の問題点と対応先を説明する勉強会を実施
⑥コンサルタントや会計事務所職員が入らない会議は、その指摘内容に沿って各幹部役員にしてもらう
⑦経営会議などの意思決定会議では、会議の進め方を指導するだけでなく、コンサルタントや会計事務所職員が司会と書記を実施する
⑧実際の意思決定の支援を行う
⑨そのまま経営顧問につなげていく
仕上げ・結果確認 ●会議指導だけなら、3回もすれば終わりだが、意思決定支援を直接行う「司会と書記」は、継続顧問契約になりやすい
NEXT提案と関連性のあるコンサルティングとテンプレ ●会議の仕方が分かったら、次は「どうやって皆が積極的に意見を出すか」「合意形成の為に進め方」を理解して貰う為、「会議ファシリテーション研修」を提案する(研修企画テンプレートの『会議ファシリテーター研修運営用ツール参照』
 テンプレート掲載日  2018年3月24日 
 テンプレート価格  一般4,000円(税別) 
 テンプレート作成者・著作者  ㈱アールイー経営 嶋田利広 
 注意事項

●価格や所要時間は、クライアント、見込み先の状況によって異なります
●目的や課題、企業の特性によっては、上記の段取り通りならない可能性もあります。
●第三者への譲渡、転売、ネットへの公開は法律で禁止されています。
●商品に関するお問い合わせはメールのみ受け付けております。
●Excel、Word、PowerPointはオフィス2010以降の製品でご使用ください。
●このノウハウテンプレートは当社での経験の結果であり、購入者が活用する際、内容、成果について、当社は一切の責任を負いません。
●このテンプレートに関する電話でのお問い合わせは受け付けていません。

re-dl-04-07-01.jpgre-dl-04-07-02.jpgre-dl-04-07-03.jpg

 

 


商品をご購入される方へ

「今すぐ購入」を選択されて、購入ウィンドウを一度閉じられた方で、購入手続きをされる場合は、下記「カートの確認と購入」ボタンを選択すると購入画面が表示されます。

商品構成を確認・変更・削除したい場合は、一度「今すぐ購入」ボタンを押し直すと新しいウィンドウが開きますので、そこで操作できます。

 

購入手続きへ進む