「人事コンサル必見 キャリアプランとスキル、必要研修が一覧化できるツール」 役職登用基準 必要能力 階層別研修プログラム実例(製造業)

 テンプレート名

「人事コンサル必見 キャリアプランとスキル、必要研修が一覧化できるツール」 役職登用基準 必要能力 階層別研修プログラム実例(製造業)

 形式.サイズ.ページ数 Excel A3 2シート
 テンプレートの概要 製造業の人事体系を整備する時、大まかなキャリアパスがあったが、役員から「昇格したら、何をどう要求されているのか分からない」という指摘があった。
そこで役職者毎に必要なスキル・生産性・管理などを具体的な実務表現で整理し、更にその該当役職者になるには、どんな教育や研修を受けるべきかを一目瞭然にした。これにより、主任から取締役までのキャリアパスが一目で分かるようになり、昇格面談、目標面談でも上司からのアドバイスがしやすくなった
 このテンプレートを使うメリット ●いきなり職能等級制度や人事評価制度まで行うのは重いが、もっと簡単に役職者の意識や責任を考えさせたい経営者にピッタリ
●製造業のキャリアプラン(将来増や求められるスキル)が明確にできる
●Excelシートなので、このままクライアント先の実態に合わせて加筆修正ができる
●フォームと事例に沿って、部長研修や役員会議等で議論しながら、クライアントの実態に即して文言化できる
●人事や職能要件書、キャリアパスプロジェクトメンバーに「どんなアウトプットが必要か」を理解させやすい
 このテンプレートの効果的な使い方 見せ方 ●プリントして経営者に見せながら説明する(紙ベースで見せる事で理解度が増す)
受注する前の準備 ●現在「役職登用基準」「キャリアパス(プラン)」があるか確認
●社員の将来像が分かるモチベーションアップに興味があるか確認
契約時・クロージングのトーク ●役職が上がるには、どんな仕事が要求され、どんな技能や研修が必要か分かってないから、役職者になっても、社員と同じような仕事をしている管理職が増えている
●上層部ほど、仕事の仕方が違うことをこの事例のように「文書化」すれば、管理職の心構えも変わってくる。
●特に任用時に徹底的に指導しやすいツールが必要
企画書・提案書 ●研修やプロジェクト方式かの企画書にして提出
●企画書には、「役職登用基準を作る事の目的と狙うべき効果」、「研修・プロジェクト実施要項」(参加者や進め方)、「実施スケジュール」、「料金」を記載する
およその受注金額 ●研修方式なら、終日を2回に分けて、幹部以上が参加し作成 30~100万円
●プロジェクト方式なら、3か月程度で、50~100万円
コンサルティングのおよそ所要時間 ●研修方式は、終日研修(7~9時間)×2回=14~18時間

●プロジェクト方式は、月2回(3~4時間/回)×3か月=18~24時間
現場コンサルティング・ヒアリング・作業の流れ ①プロジェクト方式は研修方式を分解した進め方にする
②事前にシート左の役職名、呼称名、職能名、等級、カテゴリー、基準概要(基準概要は全部門共通。参考にしたい場合は「職能資格基準」をネットなどを参考に。事例通りでいいならそのまま活用)を経営者面談で決めておく
③研修前に、役員幹部の前で、事例の「役職登用基準」を解説(講義時間30~60分)。
④研修までに、各部門で「課長」までの「(     )部門 役職者の職能基準・指標」と「必要研修クリア資格」を書いてくるように指示
⑤エクセルデータで、研修前までにコンサルタントに提出してもらう
⑥研修当日は、各エクセルデータをプロジェクター投影しながら、進める
⑦カテゴリー別・部門別の内容検討(協議順番は、初級管理監督職から開始。一部門の初級管理職監督者の発表が終わったら、次の部門が発表)
⑧従業員規模の大きい部署から発表
⑨一部門の一役職層の発表が終わったら、Excelに一部門ごとにデータをそろえ、表現や仕事の重さに大きな開きがないか、チェックしながら協議。その場合プロジェクター投影した状態で。
⑩コンサルタントは表現や内容が、統一感ができるように都度アドバイスをする
⑪この時、データをそろえる段階(1シートに一役職層が全部見られる状態)から、コンサルタントはPCに入力して、表現調整した方が早くできる
⑫一通り、全部門(キャリパス計画が必要な部門のみ)の、「(     )部門 役職者の職能基準・指標」を記載したら、次に「必要研修クリア資格」の全社共通内容を議論しながら決定(事例のようなリーダーシップやQC、「見える化」、「コーチング」など)
⑬研修1回目で、課長までできたら、2回目の部長以上は経営者や一部役員と同じように議論。
⑭部長以上の「役職者の職能基準・指標」は、経営者の思いを聴きだしながら、コンサルタントが記入(予め宿題にしてもしなくてもよい)
仕上げ・結果確認 ●課長以下、部長以上ができたら、再度文言確認
●個人面談の準備を提案
●必要研修の中で、コンサルタントができる事は、事前に経営者に話しておく
NEXT提案と関連性のあるコンサルティングとテンプレ ●役職者昇格などの時に、この「役職登用基準」を活用
●評価制度や賃金制度にまで反映したいと経営者が考えている場合、職能等級制度、役割等級制度などを再提案する
●必要研修を「年間教育計画」案を経営者に提出
●その場合、コンサルタント自身ができる研修教育と他の外部研修も案を記載しておく
 テンプレート掲載日  2018年3月24日 
 テンプレート価格  一般5,000円(税別) 
 テンプレート作成者・著作者  ㈱アールイー経営 嶋田利広 
 注意事項

●価格や所要時間は、クライアント、見込み先の状況によって異なります
●目的や課題、企業の特性によっては、上記の段取り通りならない可能性もあります。
●第三者への譲渡、転売、ネットへの公開は法律で禁止されています。
●商品に関するお問い合わせはメールのみ受け付けております。
●Excel、Word、PowerPointはオフィス2010以降の製品でご使用ください。
●このノウハウテンプレートは当社での経験の結果であり、購入者が活用する際、内容、成果について、当社は一切の責任を負いません。
●このテンプレートに関する電話でのお問い合わせは受け付けていません。

re-dl-03-05-01.jpgre-dl-03-05-02.jpgre-dl-03-05-03.jpg

 

 


商品をご購入される方へ

「今すぐ購入」を選択されて、購入ウィンドウを一度閉じられた方で、購入手続きをされる場合は、下記「カートの確認と購入」ボタンを選択すると購入画面が表示されます。

商品構成を確認・変更・削除したい場合は、一度「今すぐ購入」ボタンを押し直すと新しいウィンドウが開きますので、そこで操作できます。

 

購入手続きへ進む