「コンサルタントの経験年数別 技能・キャリアパス・スキル目標が一目で分かる」 コンサルタントの経験年数別 職務基準・職能要件書事例

 テンプレート名

「コンサルタントの経験年数別 技能・キャリアパス・スキル目標が一目で分かる」
コンサルタントの経験年数別 職務基準・職能要件書事例

 形式.サイズ.ページ数 Excel A3 5枚
 テンプレートの概要 会計事務所のグループで「経営コンサルタント部門」を分社化するにあたり、コンサルタントの経験年数別の必要技能、スキル、生産性などの「職務基準」「職能要件書」を明文化。
各カテゴリーの「作業内容」として、下記54の技能に対して、経験別(等級別)にどんなことをクリアすべきか、詳細な評価基準まで網羅。
①既存客からの紹介
②DMアタック
③テレアポ・アタック
④既存客からの川上(仕入先等)"
⑤既存客の顧客(販消費者、売店、発注先等)の組織攻略
⑥金融機関とのコラボ企画
⑦金融機関支店への勉強会営業
⑧各種団体へのセミナーPR
⑨各種団体でのコラボ企画
⑩社員向け勉強会の受注と講師
⑪幹部向けセミナー受注と講師
⑫経営者向けの講演会受注と講師
⑬スポット契約の延長
⑭会議指導による長期顧問契約
⑮コンサル新商品の企画立案
⑯新商品のビジュアル化・パッケージ化
⑰既存客(継続客)へのコンサルアイテムアップ
⑱既存客(継続客)への別途研修提案
⑲営業に使える実物の作成
⑳既存コンサルPR用のパンフ類制作
㉑経営理念構築研修
㉒経営理念手帳(理念ノート)作成
㉓SWOT分析研修の実施
㉔新業種でのSWOT分析挑戦と実績
㉕BSC(バランススコアカード)指導
㉖3シートの簡易経営計画書作成
㉗経営改善計画書作成
㉘アクションプラン作成
㉙財務データ中心の経営計画書作成
㉚人事考課作成指導
㉛職能評価指導
㉜労務関連規定作成指導
㉝賃金指導
㉞管理会計指導
㉟部門別業績評価基準作成指導
㊱営業マン教育と研修
㊲営業幹部教育と研修
㊳専門コンサル提案のパンフ類作成
㊴新入社員研修企画と実施
㊵新入社員研修の受注
㊶初級管理者研修企画と実施
㊷後継者・取締役教育企画と実施
㊸改善活動の直接指導
㊹見込み客の分類と管理
㊺名刺交換後のお礼状
㊻名刺客(見込み客)への定期メール・情報FAX提供
㊼コンサル部門の定例会での役割
㊽個人別目標やアクションプランのチェック
㊾部下の評価や部内評価システム
㊿会計事務所職員との営業同行
51会計事務所職員の顧問先での勉強会実施
52会計事務所職員へのノウハウ指導
53コンサル業界の実情把握と中期ビジョン作成
54コンサル部門損益と経営判断
 このテンプレートを使うメリット ●これから「コンサルタント部門」を立ち上げや、これからコンサルタントを採用しようとする会計事務所には必須のツール。
●会計事務所グループコンサルタントは、どういうことをすべきかが一目瞭然で、経験年数によってやるべき事まで決まっているので、コンサルタント教育がしやすい
●単にコンサルティングだけでなく、受注開拓、仕掛け、コンサルティング商品開発、会計事務所との連携まで「ここまで行うのが会計事務所グループのコンサルタント部門」というセオリーをすべて掲載。
●この一部は、「コンサル機能を少しでも持たせたい」監査担当の職務基準・職能要件に追加できる
●これを参考にすれば、オリジナルの「コンサルタント職務基準・職能要件書」がスムーズの作成できる
 このテンプレートの効果的な使い方 見せ方 会計事務所の所長、コンサルタント事務所の経営者へプリントして見せる
受注する前の準備 ●コンサルタント部門の評価基準や目標設定のマニュアルがあるか確認
契約時・クロージングのトーク ●会計事務所職員の評価とコンサルタントの評価はまるで違う。
●コンサルタントの職務基準・職能要件や目標を決めないと暴走するか、生産性がいつまでも経っても上がらない所が多い
●この事例をベースに、ちょっとだけ加筆修正するだけで、オリジナルのコンサルタント部門専用の評価基準をつくろう
企画書・提案書 ●コンサルタント部門またはコンサルタント志望者と一緒に、この職務基準・職能要件を作成する「研修会」を企画書にして提出。
●企画書は「コンサル部門の職務基準・職能要件の目的と狙うべき効果」「作成までの実施要項」「実施スケジュール」「料金」を記載
およその受注金額 ●会計事務所の所長やコンサルタント事務所の所長に提案するなら、10~20万円
コンサルティングのおよそ所要時間 ●研修や会議の場で、おおよそ5~8時間で作成
●部門数と連携項目、商品項目が多いほど、所要時間も増える
現場コンサルティング・ヒアリング・作業の流れ ①事例をA3でプリント又はプロジェクター投影しながら、1つずつ協議を進める
②大きなカテゴリーは、下記の20の順番で進める
(1)新規見込み客開拓・仕掛け
(2)金融機関や各種団体、組織攻略への仕掛け業務
(3)セミナー受注と講師
(4)継続指導・会議指導
(5)コンサル新商品の開発
(6)既存先への研修企画とアイテムアップ
(7)ノウハウのビジュアル化・ツールづくり
(8)経営理念・使命感。社是社訓指導業務
(9)SWOT分析業務
(10)経営計画書作成業務
(11)人事労務関連指導業務
(12)財務・会計コンサル業務
(13)営業関連指導業務
(14)その他専門コンサル指導業務
(15)社員研修業務・管理者研修業務
(16)改善活動指導業務
(17)見込み客管理と継続フォロー
(18)部内の会議運営とチェック
(19)会計事務所職員への支援業務
(20)コンサル部門経営計画作成業務
③一カテゴリーで、「作業内容」を議論する中で、不要なモノは削除、逆に追加した項目を随時加筆していく
④「作業内容」の横の「経験年数・等級別の必要スキル内容」に沿って、具体的な内容を記載(sample通りでよければ又はよく分からない場合は、そのまま使う)
仕上げ・結果確認 ●オリジナルのコンサル部門の「職務基準・職能要件」ができたら、それを受けて、コンサル部門の事業計画を立てる
●事業計画はまず、中期ビジョンから作成
NEXT提案と関連性のあるコンサルティングとテンプレ ●中期ビジョンは、収支目標とコンサル商品開発目標、マーケティング目標がメインとなる。
●中期ビジョンを作ったら、そのまま「コンサル部門」の経営顧問になる(独立コンサルタントが会計事務所コンサル部門を指導するなら)
 テンプレート掲載日  2018年3月24日 
 テンプレート価格  一般4,000円(税別) 
 テンプレート作成者・著作者  ㈱アールイー経営 嶋田利広 
 注意事項

●価格や所要時間は、クライアント、見込み先の状況によって異なります
●目的や課題、企業の特性によっては、上記の段取り通りならない可能性もあります。
●第三者への譲渡、転売、ネットへの公開は法律で禁止されています。
●商品に関するお問い合わせはメールのみ受け付けております。
●Excel、Word、PowerPointはオフィス2010以降の製品でご使用ください。
●このノウハウテンプレートは当社での経験の結果であり、購入者が活用する際、内容、成果について、当社は一切の責任を負いません。
●このテンプレートに関する電話でのお問い合わせは受け付けていません。

re-dl-05-06-01.jpgre-dl-05-06-02.jpg

 

 

 

 


商品をご購入される方へ

「今すぐ購入」を選択されて、購入ウィンドウを一度閉じられた方で、購入手続きをされる場合は、下記「カートの確認と購入」ボタンを選択すると購入画面が表示されます。

商品構成を確認・変更・削除したい場合は、一度「今すぐ購入」ボタンを押し直すと新しいウィンドウが開きますので、そこで操作できます。

 

購入手続きへ進む